女性ホルモンで美しく

女性ホルモンで美しく

肌に大切なのは女性ホルモン

女性であれば誰しもがいつまでも若くありたいや、綺麗と言われたいなどの願望を持つものです。その若さや綺麗さの指標となるのが肌です。肌は年齢とともに潤いやハリが失われ、シミやたるみへとつながってしまいます。肌ケアにおいて悩みを持つ女性も多いと思います。そんな肌について女性ホルモンと密接な関係がある事をご存知でしょうか?そんな両者の関係を今回は話して行きたいと思います。

女性ホルモンと肌の関係

女性ホルモンの1つにエストロゲンというホルモンがあります。このホルモンの分泌量は生理周期などで、変動します。エストロゲンには肌の潤いを保つ作用があり、同時に肌の若さを保つ為に必要なコラーゲンやヒアルロン酸を生成します。このエストロゲンの分泌量が低下してしまうと肌の質が悪くなり、肌の老化へとつながります。

肌ケアの特効薬エクオール

エクオールは腸から吸収されて体内で作用した後、半日程度で尿から排出されます。エクオールを体内で作れる人は約半分と言われており、その作用も個人差があります。エクオールの効果として以下の作用があります。

  1. 更年期障害の改善
    女性の更年期障害では女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。エクオールはエストロゲンと同じような効果をもすため、更年期障害の症状を改善してくれます。
  2. 皮膚老化防止
    肌のシワやシミなどは肌の張りを保つコラーゲンの減少が原因とされています。エクオールはコラーゲンを生成する線維芽細胞の働きを活性化してくれますので、肌の若返り効果が期待できます。
  3. 骨粗しょう症の予防
    女性は閉経後、極端に女性ホルモンの分泌量が低下します。そこでエクオールの働きにより、骨の脆弱化を防ぐ事ができます。
  4. メタボ予防
    もともと女性ホルモンのエストロゲンには、悪玉コレステロールを減らしたり、代謝を良くし脂肪燃焼を促す効果があります。もちろんエクオールにも同様の効果があります。

上記の通り、エクオールには肌ケアだけでなく、女性ならではの老化の悩みを解決してくれます。

エクオールを作れる人

エクオールを作れる人は次のような人が作れると言われています。

  • 普段から緑茶を飲む人
  • 大豆の摂取量が多い人
  • タバコを吸わない人
  • 野菜中心の人
  • 魚油の摂取量が多い人

エクオールを生成するためには、大豆を積極的に摂取する事が大事ですが、それ以外にも野菜を多い摂取することも腸内環境を整える上で必要となります。日本人はもともと乳製品に含まれる乳酸菌よりも納豆やぬか漬け、キムチといった植物性乳酸菌の方が体質に合っています。植物性乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

アンファーのDOUシリーズサプリ「ジョホリッチ」でお肌はツヤツヤに


大豆を摂取してもエクオールを作れない人、女性ホルモンの分泌が衰えている方はアンファーのDOU(どう)の女性用ジョホリッチがおすすめです。

ジョホリッチに含まれている成分は

  • ピュアプラセンタ
  • 栄養機能食品
  • ビタミンE
  • レスペラトロール
  • アスタキサンチン
  • リコピン
  • 10種の抗酸化物質
  • ノンカフェイン

ジョホリッチの特徴はノンカフェインであることです。

カフェインを入れて誤魔化す商品は溢れていますが、ジョホリッチは根本から改善するためのサプリなのでカフェインが入っていないとのこと。

そしてジョホリッチのプラセンタは特別なものです。

60年以上研究された技術で豚から抽出、配合されています。

ジョホリッチはシミ、シワに効果があると検証結果が出ています。

ジョホリッチでお肌のハリを取り戻しましょう!

炭酸水で肌のアンチエイジング♪

女性にとってアンチエイジングと言えば、肌をきれいに保つ事を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか?では、簡単で費用がそれほどかけずに、若いときのハリやきめ細かさを保ち方法があるのでしょうか。今おすすめなのが、炭酸水です。炭酸水を作ることのできる家電も登場しており、炭酸水を使ったアンチエイジングが自宅でも簡単にできる時代になっています。今まで「水」に気をつけて、ミネラルウォーターを飲む人は大勢いましたが、これからの時代はそれを炭酸にして飲むことがアンチエイジングに効果があるとされています。

では、炭酸水をどのように用いるのでしょうか?一つ目は、とっても簡単飲むだけです。炭酸水を飲む事によるメリットの一つは、食べ過ぎを避けられるという点です。健康でも美容にしても、食べ過ぎは健康にも体にもよくありません。炭酸水を食事前に飲むなら、一時的にですが満腹感を覚えて食べ過ぎを避ける事ができるのです。もう一つのメリットは、炭酸水自体にあります。炭酸水は二酸化炭素と水が合わさってできた液体です。炭酸水を飲む=二酸化炭素を体内に取り入れていることになります。炭酸水を飲むと血液中の二酸化炭素の割合が増えるので、血液は軽い酸欠状態になります。体が酸欠状態を感知すると、血流の流れは一層活性化を促され、酸素をより多く取り入れ体内の隅々まで運ぼうとします。まとめると、炭酸水は毛細血管を含む体内の血流を活性化させるのです。顔の血流も活性化させられるので、老廃物の排出を促し肌の循環も同時に刺激し、肌の良い状態を保つのにとっても役立ちます。

炭酸水のもう一つの使い方ですが、それは洗顔です。実際に炭酸水を使った洗顔料も発売されているため、ご存知の方も多いかもしれません。自宅でなら直接炭酸水を使って洗顔できます。温泉でも炭酸水を使ったものがありますが、細かい炭酸の気泡が毛穴に入り込んで汚れをかき出してくれます。さらに、炭酸の気泡が破裂する時の衝撃が、肌に対してのマッサージ効果にもなると言われています。注意点として、炭酸水を使って洗顔すると刺激が強くダメージを受けてしまうという人もいるので、自分で調整する必要があります。

炭酸水を使うと肌のアンチエイジングに役立つだけでなく、冷え解消やむくみや疲れにくくなるなどの効用があるとされ、スポーツ選手の中にも定期的な飲用を取り入れている人もいます。もし、ミネラルウォーターを定期的に購入している方がいるなら、今度は炭酸水に切り替えてみるのはいかかでしょうか?

25歳はお肌の曲がり角

アンチエイジングと聞いても若い人は意識しないと思いますが、アンエイジングとは始める年齢はあるのでしょうか。いつから始めたほうがよいのかわからないと言う人が多いのではないでしょうか。

ある程度老化して、老けてしまった後に後悔したくないですよね。
いつまでも若若しく美しくあるために知識を身に着けて若返るケアをしていきましょう。

女性は誰でも、平均して45歳から50歳にかけて更年期障害を迎え、閉鎖を向かえる準備を身体が初めていきます。おおよそ5年間の間に女性ホルモンの一種のエストロゲンが減っていき、身体に様々な不調がおこってきます。

特に多い症状では、身体がだるく疲れやすい、汗をかきやすくなってきて汗が臭うようになり、加齢臭がでてくるなどがあります。

女性ホルモンのバランスが乱れると男性ホルモンが過剰にでることがあり、お肌のトラブルも多くなり、ニキビや吹き出物、ハリがなくなり、シミ、シワが増え、たるみがでてきます。

アンチエイジングに関することで、年齢に関係なく今すぐ始めておきたいのは、毎日の生活習慣や間違ったスキンケアを正しくすることです。

喫煙者、睡眠不足、運動不足、過剰なストレス、食べ過ぎ飲みすぎ、洗顔の洗いすぎ、摩擦、洗い流しすぎの間違ったスキンケア、強い紫外線を浴びるなどは、お肌のバリア機能を弱めてしまいターンオーバーが乱れて確実に乾燥や酸化し老化がすすむ一方になります。

喫煙している人はタバコをやめ、早寝早起きをする、適度な運動をし、ストレスをためない、きちんとしたスキンケアをして、紫外線対策をしっかりする、このことを若いうちから意識し、美肌のための食べ物をしっかり食べて身体におぎなえば、アンチエイジングの基礎ができあがります。

アンチエイジングの化粧品を使う年齢の定義はありませんが、25歳ぐらいからお肌の曲がり角と言われているので、若い人でもスポーツをしていたり、紫外線に浴びる機会が多い人は早めのアンチエイジングの化粧品対策をした方がよいでしょう。

アンチエイジングの化粧品は、ターンオーバーを正常にするもの、バリア機能を高める、抗酸化作用がある、コラーゲンが入っているものを選ぶ必要があります。
年齢が進んでしまって老化が激しくなっている人は、アンチエイジングのサプリを上手に活用してみるのもよいでしょう。

なんといってもアンチエイジングはしっかり意識して生活習慣から気をつけることです。
10年後、20年後も若く綺麗でいたいのなら実践していきましょう。

今からでは遅い?アンチエイジング対策

若い頃にどんなに美人であっても年齢には勝てません。年を取ると肌の老化が際立って、一気に容姿レベルが下がってしまうのです。そう、どんなに顔が綺麗で整った人であってもアンチエイジングを欠かしてはいけません。その一瞬の油断がお肌には命取りになります。アンチエイジングをしなければ老化はどんどん進み、お肌はハリを失い、シミやシワやたるみで外見が急激に年を取ってしまうのです。人によっては急に疲れやすいと感じたり、加齢臭に悩まされたりと老化現象に悩む人もいるでしょう。それが嫌ならしっかりアンチエイジング対策を行い、なるべく若々しい容貌に見えるように、そして元気はつらつでいられるように努力していきましょう。

アンチエイジングを行うのは肌に問題が出てきてからでいいと思っている人が多いのですが、実はそんな悠長なことを言っている場合ではありません。お肌が衰えてくるのは実は20代からです。25歳くらいからどんどんお肌は衰えていき、日に日に老化が進んでいくのです。しかし実際にアンチエイジングを始める年齢は多くの方が非常に遅くて、30代後半からという統計が出ています。皆さん、アンチエイジングを気にする年齢が遅すぎるのです。

アンチエイジングケアはなるべく早期から行った方がいいですよ。人によって老化するタイミングは各々違いますので、なるべくは早めにケアしておいた方が老化予防に繋がります。早期にアンチエイジングケアを始めたからと言ってデメリットになることは何一つもありませんしね。女性ホルモンの分泌に良いものを食べたり、女性ホルモンに影響するサプリを摂取したりするようにしてアンチエイジングしておくことをオススメします。

実は女性ホルモンであるエストロゲンは30歳頃がピークで、30代前半から徐々に落ちていくと言われています。このエストロゲンが減ることがお肌にはデメリットになっており、シミやシワやたるみといった老化現象を引き起こすのはエストロゲンの減少が大きく関わっているのです。この女性ホルモンエストロゲンの分泌を促進させることがアンチエイジングになりますので、しっかり早期の内にエイジングケアをするようにしてください。

急激にガクッと女性ホルモンが減る年齢は30代・40代の頃です。この頃は一気にお肌の老化が目立つようになりますので、さらにエンジングケアに力を注ぎましょう。お肌の老化はあなたが知らない内にどんどん進んでいて、気づいたときには取り返しのつかない状態に陥っていることがあります。そうならにようにしっかり自分の容姿をチェックしつつ、20代中盤あたりからアンチエイジングを始めることをオススメします。

女性は「紫外線対策」と「保湿ケア」でアンチエイジング対策

あなたは肌の老化対策を行っていますか?肌の老化は急に始まって、急激に進行します。そして気づけば酷い状態になっています。シミやシワやたるみなどはいつの間にかできて、急激にその存在感を増していくのです。シミやシワがくっきりできると急に顔が老けて見えてしまい、自分の容姿にため息が漏れます。たるみだって一気に疲れたような顔になってしまって自分の容姿に自信がなくなるでしょう。ハリ艶のあるお肌に戻るためにも、しっかりアンチエイジング対策を行っていきましょう。

お肌の老化を食い止めるために重要なのは「紫外線対策」と「保湿ケア」です。紫外線はお肌にとって有害物質であり、紫外線からお肌を守るために活性酸素が作られます。この活性酸素はもともとはお肌を守るためのものなのですが、紫外線を浴びすぎてこの活性酸素を作りすぎると、これが原因で肌がさび付いて行きます。体の組織がさび付いたせいで、肌の老化現象が起こるのです。ですから紫外線は普段からきっちりガードするようにしましょう。外出時には紫外線対策アイテムをこれでもかと使いお肌を守りましょう。日焼け止めも質が良いものを使ってください。そうして肌を紫外線から守ることが肌のさび付きを防ぐことに繋がり、アンチエイジングに大変効き目があるのです。

また30代~40代の年齢になると女性ホルモンは嫌でも減少していきます。女性ホルモンのエストロゲンが減ると肌の起こるのは乾燥です。エストロゲンが減るとお肌をうるおい成分であるコラーゲンも減っていき、肌の保湿が悪くなるのです。すると肌のバリア機能が低下して肌が弱くなります。このせいでさまざまな肌トラブルに悩むようになるのです。そうなった場合には保湿効果の高い化粧品でお肌を保湿ケアしたり、保湿パックをしたり、とにかくお肌を潤わせることを心がけましょう。こうして肌の老化現象を少しでも遅らせるようにしてください。

また女性ホルモンが減少していくと、加齢臭など臭いがきつくなったり、睡眠の質が悪くなって疲れやすいと感じることも増えます。加齢臭には専用の石鹸を使ってケアし、睡眠不足には良質な睡眠を取るために睡眠サプリを飲むことがオススメです。このような努力でアンチエイジング対策してくださいね。睡眠不足はやがて肌トラブルの原因にもなりかねませんので、特に注意して対策を行いましょう。

老化対策のためにこのようなアンチエイジングを行ってください。加齢とともにあなたの体にはどんどん問題が出てくるでしょう。そんなときにはご紹介したようなアンチエイジングケアをオススメします。